知床の楽しみ方

知床半島は北海道の東端、道東地方に位置し、半島の中央部は知床火山層があります。半島には高い山が連なっており、北海道の知床旅情として有名です。知床は2005年(平成17年)に世界遺産に登録されています。知床までの行き方は、レンタカーがおすすめです。

野生動物と会える

大自然の中でのアクティビティがたくさんある知床では、野生の動物との遭遇確率も高いのです。
中でも、クルーズ船で行くアクティビティでは、ヒグマやイルカとも出会える確率が高いのです。

知床五湖

国立公園として、多くの人が散策に訪れる場所です。
自然保護するために、散策するには、2つのルートがあります。
ひとつは「高架木道」で木の橋を渡って歩きます。

もうひとつは、「地上遊歩道」ですが、こちらは訪れる時期によって散策条件が異なります。植生保護期、ヒグマ活動期、自由利用期とあり、レクチャーを受けた方のみが散策できるようになっています。

ガイドさんと一緒に周ることもできるようなので、北海道にしかない自然を堪能するには、説明を聞きながら散策することもおすすめです。

秘湯「カムイワッカ湯の滝」

北海道は広い面積に比例して、たくさんの温泉があります。知床半島には、滝自体が温泉になっている珍しい温泉があるのです。
「カムイワッカ」とは、アイヌ語で「神の水」という意味だそうで、この川には温泉成分である硫黄が多く含まれ、生物が生息できないことから、そうよばれているようです。

川の温度は場所によって異なりますが、温かい場所にあると30度になるそうです。

冬のみどころ

知床半島のみどころは、なんといっても流氷です。知床はオホーツク海に面しているので、冬には、北極圏からの流氷が流れ着くのです。この流氷群を見ようと多くのの観光客が知床を訪れます。

関連する記事

12か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です